Anime: Toaru Majutsu no Index (とある魔術の禁書目録(インデックス))

Toaru Majutsu no Index (とある魔術の禁書目録(インデックス), lit. “A Certain Magical Index”) is a Japanese light novel series written by Kamachi Kazuma and illustrated by Haimura Kiyotaka, which has been published since April 2004. A manga adaptation by Kogino Chuya began serialization from May 2007. Two 24-episode anime series followed between 2008 and 2011 and an animated … More Anime: Toaru Majutsu no Index (とある魔術の禁書目録(インデックス))

Anime: Golden Boy (ゴールデンボーイ)

Do you want to roll on the floor laughing like if there was no tomorrow? Then you must watch Golden Boy! Originally a manga series written by Egawa Tatsuya (江川達也), its 6-episode anime adaptation was released in 6 OVA-episodes (OVA – Original Video Animation – are animated films and series made specially for release in home-video … More Anime: Golden Boy (ゴールデンボーイ)

オタクとステレオタイプ

 日本と言ったら、「オタク」という言葉は非常に有名である。ところが、具体的に言うと、どういう意味?圧倒的に「オタク」はアニメのマニアックだが、他の種類もいる。最近「鉄ちゃん」という言葉も習った。この場合は電車のオタクの事。電車が大好きで、駅やホームで写真を撮ったり、スタンプや切符を集めたりする人。でも今日は最初言ったオタクについて話したい。 このオタクはアニメを中心、仮想の世界の住民である。この世界に関して、ゲームの世界もアイドルの世界もある。 さて、ここに「ステレオタイプ」の言葉が入ってくる。ステレオタイプというのは、一般的なアイデア、大体皆が思っている事。本当かどうかは別の問題。説明します。 ヨーロッパで、「オタク」はアニメのマニアックダケ。オタクにとっては違うかもしれないけど、オタクではない人にとって、マイナスな意味がある。コスプレをやったり、毎日アニメを観たり、インターネットでアニメについて話したり、特にアニメ音楽が好きだったり、マンガアーティストになりたい考えを持ったりする人はオタクと呼ばれる。 確かに日本でもヨーロッパでもただアニメが好きな人はオタクではないと思うけど、やっぱり日本で誰かに「アニメが好き」と言ったら、オタクと呼ばれる可能性はとても高い。 例えば、僕の例を挙げる。僕はアニメが好き。欧米のカートゥーンに比べて、日本のアニメの方がもっと面白い、ストリー、アニメーション、キャラクター、サウンドトラック、一般に質はもっと高い。だけど、僕はマニアックではない。他の趣味のようにこれもう一つの趣味。 僕はゲームが好き。毎年くだらないゲームがたくさん出てくるけど、とてもいいゲームもある。ただの遊びではなく、勉強もなるゲーム。こんなゲームは誰でも一回やった方がいいと思う。 あとは、そう、僕も自分のアイドルがいる。これは一番説明しやすいと思う。アイドルがいない人って…いる?でもあのステレオタイプの事は本当に頭に来る。 他「好きなアーティストいる?」ア「うん、茅原実里」他「誰?」ア「元々声優です」他「ナルホド ^_^; 」ア「… (¬_¬) 」 面倒臭い。